hed_blog_korobi

「しまった、、、」の回数を減らそう

最近の若い人たちは下を向いて歩いている。
それは、駅員さんがホームで安全管理のために下を見渡し歩いているのとは訳が違う。
きっと、異性が通れば顔を上げるに違いない。

でも、興味がある時だけ顔を上げている生き方では
「しまった、、、」の回数が増えるだけ。

顔はせめて正面に向かって、前・左右に振らなければならない。
たまには横を向いて観察する力を養おう、耳を傾けよう。
生がある限り前進しかない、今の世は。

blog_footer blog_footer_img