有権者意識調査

hed_02vci

有頂天は墜落のもと。
溝を埋める、谷間を埋める、、、
有権者の心を「見落とす」か「見出す」か、そして、
自分の評判と相手の動きを見極めることから始まる。

強みと弱みは紙一重、調査で解決できる

□「みんなの気持ちは熟知しています。大まかなことは理解しています。」

→ 先ずはサンプル30枚から。そこから気づきが始まる。

□「おかげさまで後援会がしっかりしています、後援会に任せています。」

→ 支持者拡大につながっているか。戦術に偏りがないか。

□「すべて準備は整いました。挨拶まわりも順調です。」

→ 発信側(候補者)と受信側(有権者)にズレがないか。

□「明確な争点が見当たらない」「何から始めていいものか」

→ 反乱軍はわたしのまちにもいる、本当の反乱軍になる。

□「前回の選挙、悔やんでも悔やみきれない」

→ 悔やんだまま下りてはいけない、落選の原因を知ることで政治生命も生き続ける。

行政意識調査・支持率調査

重点政策の決定
・公約の提案
・施策の提案
・地域性の問題提起

活動結果の検証
・弱点地域の克服
・年代別の攻略
・無関心層の動向

arrow01

調査結果に基づき、
戦略・戦術を組み立てます。

img_02vci_01graf

調査結果を精査し、その裏を読め。
自分で思っているほど、選挙区を踏破してないことがわかるはずです。

有権者のホンネを知る

選挙には「絶対」「確実」「安全」なんてものはありません。
まことに浮気者な有権者を味方につけるには、民度を知り対策を練ることが必要です。

自分を知る、相手の動きを知る

あなたも相手(対立候補)も常に比較されています。
あのとき笑顔で話したあの人の心の内はどうなのか、一体どんな評価がされているのかをきちんと受け止めましょう。
選挙は頭脳戦、心理戦。
目に映ることだけで判断せず、本質を見抜き、先を読んで勝つのです。
大きな成果をあげるには「生きた情報の収集」が欠かせません。

電話のかけ方ノウハウ

電話は相手が見えない分、細心の注意を払わなければなりません。
電話をかける時間帯は? 方言か標準語か? 声のトーンや言葉使いなど声の表情は、直接相手に伝わります。そしてそれは、候補者自身のイメージとして深く印象づけられてしまうのです。

我々は有権者の行政意識調査を全国規模で随時行っています。
貴方の必要とする情報がここにあります。

当社の戦略的電話法をお伝えします。