プロモーション

hed_04prm

増大する情報量。
有権者は文字に弱い(読まない)、言葉に弱い(騙されやすい)。
つかみを大切に、関心が向くわずかなタイミングを逃さない。
「これまでやってきたことは全て良し」で、さらに磨きをかけていきましょう。

ネット選挙

ホームページやSNSなどはあくまでも訴えるツールのひとつ。
「発信に偏り仕掛け無し」では大きな進歩は期待できないでしょう。
人目を引き永続性のあるものにするには、取り入れる時から細かな仕掛けを準備しなくてはなりません。
内容に気を張り労力がいるものですから、勘違いを起こされませんように。

プロモーション・写真撮影

img_04prm01_studio

ここ数年で、どの候補者も工夫を凝らして訴えてくるようになりました。
候補者をイメージづける決定的要素のひとつに「写真」が挙げられますが、「表情は笑顔で?」「目線はどこに?」「ポーズは?」など、有権者に好印象を与えるためにいくつものチェックポイントがあります。
常に見られていることを意識してコーディネート、そして人間的魅力が感じられる写真を、自然体のままキャッチし、あなたの選挙区に合った“正解”を見つけ出し、「勝つため」を目的とした広報物を準備します。
存在感を放つ、、、そんな候補者になってほしいものです。

一番効く政策を

調査結果をもとに、政策の骨子やキャッチコピーなど、準備ゼロの状態からでもご提案が可能です。思いと声が伝わるように、視覚からも伝えます。
情報社会で見透かす力がついた有権者の心をつかむにはどうすればよいか、ポイントを見つけ作り上げていきます。
きれいにまとめたものが有権者の心を打つとは限りません。

その他のプロモーション

ホームページ、シンボルマーク、特大ポスター、のぼり、タスキ、街宣車、ハチマキ、Tシャツ、ジャンパーなど必要なものをデザイン作成いたします。

後援会活動として【文書違反に気をつけて】

名刺、リーフレット、入会申込書、室内ポスター、後援会報(1〜4号程度)、後援会看板、etc…

選挙事務所として【全てに規格があります】

選挙公報、法定ビラ、ハガキ、ポスター、新聞広告、選挙事務所看板、選挙カー、etc…

チェック項目 あなたは大丈夫?

□ 好きな言葉・専門用語を使いたい

→ 選挙は戦。盾になる、武器になるフレーズがどうか見極めよう。

□ 表情やポーズ、イラストにこだわりがある

→ ひとりよがりでなければ良し。自信(こだわり)に満ちあふれた方は
たくましく映ります。

□ いろんなことを言いたい、伝えたい

→ ただ撒くだけならただのゴミ。配布方法やタイミングも重視しよう。

.

.

イメージは誰でも作ることができるが、中身までは作れない。
イメージだけで通った候補者に次の勝利はない。